適切な医療機関を受診して検査や治療しよう

体調が悪いと思ったら悩まず受診して下さい

種類が多い診療科

現在では一口に病院と言っても、多くの種類の診療科があるので、どういう使い分けをしれば良いのかわからない、という人も多いです。
大別すると、内科と外科の2つに分けることができるのですが、細かく分けるとアレルギー科、いびき外来などもあります。
診療所の場合は、1人の医者が、様々な疾患を診ることが多いですが、規模が大きな病院になると細かく分類化していきます。
分類する方法としては、部位、疾患、患者、医学的処置などの4項目で分類することができます。
部位の場合は、頭部や胸部、頸部などの約33分類に分けられます。疾患の場合は、感染症、がん、糖尿病などの6つに分類することができます。
患者の場合は、男性や女性のような性別以外にも、小児や老人などがあり10分類あります。医学的処置の場合は、整形、美容、心療など19に分類することができます。
この項目だけでも非常に多くの種類がありますが、現状として細分化が進んでいるのです。

なぜ病院の種類、細分化が進んでいるのかというと、患者が症状に合わせて適切な医療機関を選べるようにするためです。
内科と外科のシンプルな種類だけでは、適切な医療機関を選びがたいですが、診療所が細分化されたことで、自身の症状に合わせて医療機関を選びやすくなるのです。
病気を患っていて、医療機関を受診した場合でも、その医療機関で取り扱っていない疾患だと意味がありません。
自身の病気を検査、治療してくれる医療機関を受診してこそ、初めて病院の意味があります。
しかし、逆の多くの種類がありすぎると、特定の診療科を受診するのは難しいものです。
ですから、まずは近くの診療所やクリニックを受診して、それから詳しく病気を調べるのであれば、大学病院や総合病院などの大きな病院を受診すると良いでしょう。
規模が大きい病院では、予約する際に症状を伝えることで、適切な診療科を案内してもらえます。

療法

免疫療法とは、アレルゲンを反復注射することによって、アレルゲンに反応しない状態にすることを言います。喘息やアレルギー性鼻炎などの疾患を患っている人が、免疫療法を行います。

 Read More

副作用に気をつける

免疫療法を行なう際に注意しておきたいのが、副作用があることです。副作用様々ありますが、喘息発作や、じんましん、低血圧などの症状が代表的です。副作用を発症したら、すぐに処置することが大切です。

 Read More

新しいがん治療として

様々な疾患の治療法として行われている免疫療法ですが、現在では新しいがん治療としても、注目されています。三大療法の場合は、がん細胞以外も攻撃してしまいますが、免疫療法なら、性状な細胞にダメージを与えずに済みます。

 Read More

Copyright (c) 2015 適切な医療機関を受診して検査や治療しよう all reserved.